50代セミリタイアで投資生活

50代無職、独身男のセミリタイア生活。 資産4000万円で投資はインデックス運用です。

スポンサーリンク

50歳資産4000万で、完全リタイアは可能か

こんにちは、まるぞーです。

私は資産4000万で52歳セミリイタイアしましたが、この先無収入でやっていけるのか、とても不安です。

それで、この先収入がないとした場合、どうなるのか、50歳、4000万でシュミレーションしてみます。

 

まず投資をしない場合

私は毎月約15万で生活していますので、支出を月15万と設定します。1年で180万。まるぞーは郊外に住んでいるので、車は必需品。節約生活には贅沢品ですが、車を保有、維持費を含め余裕を持って、1年の生活費を200万とします。これは私の現状の生活費です。

ではどうなるか。10年で2000万、20年で4000万となります。

50歳でリタイアすると、70歳で資産はなくなります。

65歳から年金がもらえると思いますが、その額は私の場合、おそらく10万円程度になります。70歳以降、月10万円で暮らすのは困難であります。従ってこの場合、70歳で破産してしまいます。

 

では、4000万をインデックス投資で運用した場合どうなるか。

ここで私は、運用した場合の投資利回りを、平均年率4%としてみます。根拠は省略致しますが、これくらいは可能かなと、いろいろ調べた結果考えます。

すると、資産が倍になるのに掛かる年数は、72÷4=18で18年となります。

50歳から60歳までの10年に掛かる支出は2000万、残りの2000万が10年で1.5倍の3000万になると想定します。

すると60~70歳までに3000万のうち2000万を使い、残った1000万は、1.5倍に増えて1500万に。

80歳までには、年金収入の 10万X12月X10年=1200万があるとして、生活費は800万不足。これを資産の1500万から引いて700万。

これが1.5倍に増えて1050万。80歳で1050万が残ります。

では90歳になるとどうか。

1050万から800万を引いて250万。250万が1.5倍に増えて375万。

90歳で350万が残ります。

 

90歳までは持ちますが、100歳までには破産します。まあ90歳まで生きれば十分でしょうから、なんとか逃げ切れるということになりそうです。

 

ただしこのシュミレーションでは、投資利回り年率4%というのが前提になっており、これが崩れると破滅します。

なんとも心もとない不安が残る結果となりました。やはり4000万で完全リタイアはやや不安です。やはり少しでも働くなどして収入を持ったほうがよさそうです。

 

ただ最悪無収入でも、生活を切り詰めればなんとかならないでもないかなといった感想です。

 

それではまた。

 

スポンサーリンク